ネット通販でおせち料理を買うときの失敗しない5つのポイント!

ネット通販でおせち料理を買うときの失敗しない5つのポイント!

スポンサーリンク

ネット通販でのおせちの失敗しない選び方5つのポイント

おせちは手作りしていた一昔前とは違って、最近は「おせちはインターネットで買う」という方が増えてきたようです。

「婦人画報のおかいもの」は、来年のお正月のおせち料理について、全国の「婦人画報のおかいもの」ユーザー約600名を対象にインターネット調査をされました。

毎年調査をされているので、私は興味深く見せていただいていますが、年々「ネット通販」が増えてきています。

2018年おせちに関するトレンド調査の結果、「おせち」は、半数以上が購入予定、その内「通販・ネット注文」が7割でした。

おせちの購入方法

 

全体の半数以上が「おせちを購入」そしてその7割が「ネット通販」なんですよね。我が家も、数年前から「ネット通販のおせち」になりました。

 

購入する理由のアンケーと結果は、以下でした。

おせちを購入する理由は

まさに、我が家と同じです。自宅で手作りも味があっていいのかもしれないけど、とてもとてもたくさんの食材を揃えられないし、料亭のような味が出せないです。

ネットだと種類も多くお好みに応じて選べるので便利ですよね♪

 

そこで、インターネットを使って購入する時、失敗しない方法をまとめました。

 

1.サイズと予算の確認

1段おせちから重段おせちまで段数も様々ですし、重箱のサイズも幅広く用意されています。

よく調べずに購入してしまうと、おせちの量が「少なすぎた」「多すぎた」となってしまいかねません。

ネット通販のいいところは、「〇人分」と、人数が書かれていますのでとても分かりやすいです。

2人前上のおせちは、2人前 21種 4,320円です。

 

何人分こちらは、3人前 33品目 6.5寸三段重 9,680円です。

 

何人分

4~5人前 41品 7.5寸三段 29,800円です。

というように、サイズもお値段も違いますので、人数を料金を確認して決めましょう。

 

2.冷凍おせちか冷蔵おせちかを決める。

通販のおせちには「冷凍おせち」と「冷蔵おせち」の2種類があります。

冷蔵おせちか冷凍おせち

【冷凍おせちのメリット】

  1. 賞味期限が長い(1カ月~2カ月)
  2. 本来のおせちは日持ちを良くするために濃い味付けだったが、冷凍の場合は薄味も可能。
  3. 盛りつけた状態で冷凍されていることが多いので、そのまま食卓へ並べられる。
  4. 冷凍だから、保存のための保存料が必要ない

 

【冷凍おせちのデメリット】

  • 風味が多少落ちる
  • 解凍の時間を見計らって冷蔵庫に移動させる必要がある。

 

【冷蔵おせちのメリット】

  • 風味高く、作ったままの状態を味わえる。

 

【冷蔵おせちのデメリット】

  1. 賞味期限が短いので注意が必要。
  2. 真空パックの場合は、開封して盛り付ける作業がふえる

 

冷蔵おせちと冷凍おせち、どちらを選ぶかも決めることになります。

 

3.和風・洋風・中華・キャラクターの種類から選ぶ

最近のおせちは種類も豊富になり、子供が喜ぶキャラクターおせちや、お年寄りが食べやすい介護おせちもあります。

また、和風・洋風・中華・和洋折衷など、ご希望に合わせて選ぶといいですよね。

和風おせち 洋風おせち 中華おせち キャラクターおせち通販2018年 キャラクターおせち通販2018年

 

 

4.実績のあるショップから選ぶ

以下のようなことが、実際にあります。

  • 見本と実物が違った。
  • 美味しくなかった。
  • 一方的にキャンセルされた。

 

カタログや通販サイトで見たおせちの写真と、実際に届いたおせちの見た目が全然違っていて、
がっかりなお正月になってしまったというケースがあるようです。

そんなことにならないためにも、実績のあるショップから購入するようにしましょう。

実績の見方としては、口コミサイトを見たり、レビューを読んで過去に購入された方の生の声を見てみましょう。

また、毎年出している評判のいいお店でしたら、まず、間違いないです。

 

5.早割を利用してお得に購入する

 

おせちは、予約が早ければ早いほど、とにかくお得に購入ができます。どうせ買うなら、お得な「早期割引」を利用したほうがいいです。中には、1万円以上安くなるものもあります。

例:5~6名で楽しめる豪華60品目が詰まった京都円山の東観荘のおせちなら…
8,5寸三段重が32,000円→早割価格22,000円

また、12月に入るころには、かなりのおせちが「売り切れ」になってきます。

だいたいの目安が

早割第1弾⇒ 2017年9月30日まで
早割第2弾⇒ 2017年10月31日まで
早割第3弾⇒ 2017年11月30日まで
早割第4弾⇒ 2017年12月15日まで

ですね。

注文しようとしたら、すでに売り切れていた!

でということがないように、早めに予約が本当におススメです。注文してからでも、12月5日まではキャンセル可能なところもたくさんありますので、キャンセル可能かどうかも調べておきましょう。

また、到着日時の制限のあるところもあります。

年末年始は外出の予定もあると思いますので、希望の日時に届けていただけるかもチェック項目に入れておくといいと思います。

チェック項目を作りましたので、よろしければ照らし合わせてチェックしてくださいね。

ネット通販でおせちを購入する時のチェック一覧表
サイズと予算のチェック 人数分を照らし合わせ、料金の確認をする。
冷蔵タイプか冷凍タイプかを決める 解凍方法、賞味期限が違ってきます。
和風・洋風・中華・キャラクターの種類から選ぶ おせちには種類がありますので、どのタイプにするか決める。
実績のあるショップかどうか? 失敗しないためにも、購入しようとしているショップの口コミやレビュー、過去実績を確認する。
早割を利用してお得に購入する。 同じ商品なので、早めに予約するだけで割引率が高くなります。早めに予約をしておきましょう。

 

もし、迷うようしたら、私が一押しするショップが2店あります。

どちらのお店も間違いないです。毎年、実家分と本家分の2件分購入して満足しているお店です。





 

スポンサーリンク