【2018年ひな祭り】絶対外せないひな人形を選ぶ購入のコツ!

絶対外せないひな人形を選ぶの購入のコツ!

ひな祭りは、お人形が身代わりとなって災いや病気などから女の子を守ってくれるよう願いを込める日本の伝統行事です。

いつの時代でも省略することなくきちんと祝ってあげたいものですよね♪

どんなものをプレゼントしたら喜ばれるのか、今回は、ひな人形を選ぶコツをお伝えしていきますね。

 

スポンサーリンク

絶対外せない、ひな人形を選ぶコツ!

豪華絢爛な7段飾りの大きなサイズのものからコンパクトなものまで、種類もサイズも豊富にあります。まず最初に決めるのが、ひな人形の種類置き場所です。

ひな人形の種類と置き場所

まずは、どんな種類があるのか見ていきましょう。

ひな人形の種類

ひな人形の種類

 

ひな人形の飾り方にはお殿様とお姫様を飾る「親王飾り」

三人官女・お道具を加えた「三段飾り」

右大臣、左大臣、五人囃子と豪華絢爛な「七段飾り」

と大まかに3種類に分けることができます。

 

今日では三段飾りが主流のようですが、その一方で素材やつくりに徹底的にこだわった豪華で精巧な親王飾りの購入者も増えているようです。

三段飾り 親王飾り
お雛祭り 三段飾り お雛祭り 親王飾り

また、一般的な着物を人形に着せ付けて作る衣装着のひな人形に対して、作り方で大きく異なる「木目込み人形」も人気があります。

木目込み人形

桐粉を固めて作った本体部分の溝にのりを入れて生地を木目込んでいくの、木目込み人形といわれます。

場所をとられずに飾れるようにとコンパクトな木目込み人形も人気があるようです。

 

「親王飾り」「三段飾り」「七段飾り」「木目込み人形」

 

どれも欲しくなって迷ってしまいますが、プレゼントするときには、そのご家族と相談して決めていくといいですね。

「見て楽しむ」おひなさまですからね。やっぱり一度はお店に足を運んで実際に見てみることをおススメします♪

→ ひな人形の種類の違いを見てみる

ひな人形の置き場所

サイズを測らずに購入してしまうと、いざ設置しようとしたときに、収まらない事もありますので、購入前に飾る場所を想定し、寸法を測っておきましょう。

しかし、とても気に入った人形に出会ってしまうこともあります。

どうしても、そのおひな様が欲しい!

サイズが合わなくて、泣く泣く妥協することも出てくるかもしれません。

もう、一目ぼれしてしまうことがあります。そんな時は、設置場所を再検討して、なんとか購入したいですよね~^^

 

絶対外せないひな人形を選ぶの購入のコツ!
知っておきたい!雛祭りの初節句マナーあれこれ

ひな人形の予算

購入前に、ある程度の予算を決めておいたほうがいいですね。

お店に行くと、やはり高いものが目立ちます。ついつい高額なおひな様を買いたくなりますが、のちのちもめないためにも、事前に決めておくと選びやすいです。

 

ひな祭りの由来

絶対外せないひな人形を選ぶの購入のコツ!

祭りの由来は、平安時代に 宮中の紙の着せ替え人形で遊ぶ「ひいな遊び」と、人形の紙人形に自分の薬や災いを引き受けさせて川や海に流す「流し雛が融合したものにあるとされています。

室町時代になると神ひなではなく豪華なお雛様を飾っていや中で盛大に祝うようになり、江戸時代には谷中から武家社会へ、さらに裕福な唱歌などへと徐々に広がり、今日のひな祭りの原型が作られたと言われています。

 

贈答のしきたり

一般的には博多の実家から送られることが多いようです。

それに対して父方の実家からは送られてくるお雛様をお出迎えする人形として「市松人形」送るようです。市松人形にもひな人形同様に災いや病気などの薬を身代わりに受けてくれるという意味合いがあります初節句には雛人形と一緒に飾ってあげましょう。

 

一人に一飾りが基本

最近では住環境の変化もあり、二人目以降のお子様には省略して、少女の人形と併用する場合があるようですか、お守りを分けて使わないように、雛人形も厄除けの観点からもひとりにひとつずつ送るというのが雛人形の基本的な考え方です。

大きさはともかく、二人目以降のお子様にも別の人形を用意してあげることが健やかな成長を願う心につながりま、。

 

雛人形選びのポイント

一般的に言われるのはまずはお人形の顔が最も大切ということ。

お顔が気に入るかどうかが購入さのポイントと言えるようです。

 

一生に一度の贈り物なので、まずは送り側に気に入ってもらえるものを送ってあげたいものですね。

スポンサーリンク